4/28春の武学MASセミナー無事終了いたしました

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 15:04

 

4/28春の武学MASセミナー

 

無事終了いたしました!

 

セミナーにご参加いただきました皆さんお疲れさまでしたm(_ _)m

 

前半の座学において「陰陽」の思想・哲学のさわりの部分を学習していただきましたが

 

それがどのような形で功夫(クンフー)のシステムに取り込まれているか?

 

そこのところを少しでも理解いただけていれば嬉しい限りです。

 

今回、主催者として嬉しかったことがあります。

 

参加者の方にお書きいただいたアンケート結果(回答率88%)です(*^∀゚)

 

評価として全ての回答者から

 

・楽しかった

・次回のセミナーに参加したい

 

をいただけたことです

 

またセミナーの内容について

 

むずかしかった

 

が無かったことです。

 

セミナーに際してできる限り

 

武学MASの「楽しさ」を「分かり易く」伝えることを心掛けておりましたので

 

このような評価をいただけたことは

 

次回のセミナーを開催する最大の励みとなります

 

感謝感謝!!

 

今回のセミナーに関して自分の評価では

 

もっと言葉の勉強をしなければならないと思っております。

 

そうすればもっと短時間で簡潔に的確に武学MASの「楽しさ」を伝えることが

 

出来ると思います。

 

その辺りを反省しております。

 

現在、セミナーの動画の編集に取り掛かっております

 

完成しましたらまたお知らせします

 

 

セミナー参加者の皆さんと記念撮影!

(画質落としております)

セミナー参加者の皆さん

 

 

4/28セミナーのレジュメ

  • 2019.04.24 Wednesday
  • 17:08

 

4/28(日)開催のセミナー

 

」を覚えるではなく「動き」の意味を知る

 

レジュメとなります。

 

 

セミナーまであと4日、申し込み〆切は今週の土曜日です。

 

参加するかお悩みのかたはお早めにご決断ください( ・`ω・´)

 

 

「セミナーレジュメ」

 

1、はじめに

  • セミナーコンセプト 伝統武術の普遍性について
  • 陰陽の思想「体用」「内外」「知行」「性命」

2、武学MASの身体観と訓練段階の意義

  • 失われた機能
  • 訓練段階概論 三段階の訓練法

3、五行・八卦論大要

  • 武術的な五行と八卦について
  • 八極システムにおける捉え方
  • 八卦システムにおける捉え方
  • 八極・八卦の各門の特性や共通項

4、套路の学習

  • 小八極拳 五行氣論によった身体運用と操作の学習
  • 小開門拳 八卦氣論によった身体運用と操作の学習
  • 用法説明 用法よりみる各門の運動特性と戦闘概念の違い
  • 「捨身下式・拗歩單鞭・金鷄獨立」 応用変化数種 小八極より
    「黒熊反背・紫燕飛昇・紫燕抄水」 応用変化数種 小開門より

5、応用のための練習

  • 塔手・推手コンセプト
  • 応用練習「定歩」「活歩」「単手」「双手」「自由推手」

6、セミナー終了

  • あいさつ
  • 記念撮影
  • 懇親会の説明とアンケート

 

 

セミナーまであと6日!

  • 2019.04.22 Monday
  • 19:33

 

当会主催のセミナーまであと6日となりましたヽ(*´∀`)ノ

 

申し込み締め切りは今週の土曜日となっております。

 

参加をお考えの方はお早めにお申し込みくださいm(_ _ )m

 

セミナーの記事をお見逃しの方は是非下記ページをご確認ください(^-^)

 

過去のセミナーの動画

4/28温故知新!功夫(カンフー)の動作で新たな自分を切りひらく

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 15:04

 

お知らせしておりました4/28(日)開催のセミナー

 

の武学MAS主催セミナー4/28

」を覚えるだけではなく、「動き」の意味を知る

 

の日が近づいてまいりました。

 

現段階では神戸市内の方を含め、関東四国近畿と複数の県外の

 

方からの参加申し込みがあり、非常に嬉しく思っています(^―^)

 

また、年齢も10代〜60代と幅広い年齢層の方に

 

興味を持っていただき参加の申し込みをいただいております。

 

今回のセミナーでは当会の八極・八卦の各システムより

 

小八極拳

 

八卦小開門拳

 

と言う套路(とうろ)を使い座学実技を織り交ぜ学習を進めます。

 

そこから各套路の動きの意味や形の必然性を理解し実際に身体を通すことで

 

功夫システムの普遍性を知ってもらうこと

 

今の自分の武術・門派・流派や身体のことを違った視点からみること

 

目標にしてセミナーを進めていくつもりです。

 

そうすることで

 

自分の武術や体の動きをより深く、博(ひろ)く理解していただくことができると考えています。

 

セミナーを受講していただくことで

 

今の自分より一段階上の心体表現」の考え方や捉え方を手に入れていただけるはずです。

 

他派他流他会の方〜初心者の方も楽しんでいただけるセミナーと思います。

 

老若男女も問わずご参加いただけます。

 

興味のある方は思いきってこの機会をご利用ください\(^▽^*)

 

問合せはこちら→お問合せメールフォーム

 

詳細はこちら→武学MASセミナー4/28詳細

 

 

八卦システムは遊びが大切「転身掌」動画より

  • 2019.04.01 Monday
  • 15:35

 

先日のプライベートレッスンにおいて

 

当会八卦システムの思想である「変易」「不易」について

 

内修八卦掌で説明しているときに受講生の方がひとこと

 

八卦は遊びが大切なんですね」と言われました。

 

このひとことは当会八卦システムの的を得ている言葉だと思います。

 

ここで出た「遊び」とは「ふざける・楽しむ」と言う意味合いではなく

 

どちらかと言えば「余裕がある・ゆとりがある」と言った方の意味になります。

 

ガチガチハマっ固まったものを自由に扱い動かすことは「至難の業

 

遊び」があるからこそスムーズに滑らかに

 

自由に扱い動かすことができます |* ̄ー ̄| 

 

八卦掌といえば「変化の拳」とも言われています。

 

心身に「余裕がある・ゆとりがある」からこそ「変化」もスムーズに行えます、

 

故に八卦掌が「遊身」と言われているのも納得できます( ´∀`)b

 

八卦掌1人1門派と言われるぐらい各流・各人によって表現が違います

 

それは八卦掌の思想の根底にある「変易」「不易」から来る

 

遊び」があるからなのかも知れません。

 

ここを理解していなければ「」や「表現」の違いのみでものごとを判断してしまい

 

そのものの「本質」を観ることはできなくなってしまいます(TдT) 

 

遊びごころ」と言ったりしますが固定された思考や観念

 

身体表現にも影響してしまいます。

 

遊びごころ」の無い八卦掌は「底の浅い」ものになってしまいます(TдT) 

 

武学MAS各システムには上記のような「技術を活かす」ための

 

先人の思想哲学練習システムが含まれています。

 

と言うことで先日のレッスン時にサポートと参考用に動画を撮りましたので

 

久しぶりに武学MASyoutubeアップしました!

 

お暇な方はご覧ください。

 

サブ画面、メイン画面共に内修八卦掌転身掌と言う套路です。

 

両方同じ原理の元に動いています。

 

何じゃこりゃ!」と言わず「遊びごころ」を持って観てくださいね( ̄∇ ̄) 

 

 


武学MAS神戸を中心に八極拳・劈掛掌・八卦掌・太極拳・武器などの中国武術を指導しております。

初心者体力に自信のない方基本から安心して学習できるプライベートレッスン(個人指導)と

セミナーの依頼を随時受け付けております。

詳しくは武学MASのホームページの総合案内をご覧ください。

レッスンの時間や場所、神戸市外への出張相談などもお気軽にお問合せください(^-^)

問合せ:(こちらをクリック)⇒メールお問合せフォーム

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村 中国武術