明勁と暗勁と化勁を例えてみた

  • 2019.08.10 Saturday
  • 17:42

 

前回で明勁暗勁化勁の三つのワードシステムの段階を

 

示す術語であることを解説しました (*'v`d)

 

 

 

詳しくは→明勁と暗勁と化勁の関係とは?解説します。

 

 

 

では実際、この明勁暗勁化勁段階にある人が

 

実践(練習&実戦)で表現する功夫(カンフー)はどんなものか?

 

私は例えることが好きなので

(これだと功夫を知らない人でも何となくニュアンスが伝わるので)

 

時計の仕様の違い例えてみたいと思います。

 

ちなみに化勁の段階が

 

この三つのなかでは最も上の段階となりますが、

 

功夫(カンフー)と言う芸道には

 

完成や終わりが無いということは

 

このす方には分かっていただけるかと思います。

三回九転とはよく言ったものです)

 

では、

 

まず明勁の段階です。

 

この段階の功夫を例えるなら、

 

「カチ、カチ、カチ・・・」と一秒ずつ時を刻む

 

秒針の仕様の時計です。

 

1分の内の今が何秒か明確にわかりますよね( ̄∇ ̄) 

 

この段階で表現される功夫は

 

」の字のごとく何をやっているのか

 

らかで外から見てわかりやすい

 

「今何秒?」って聞かれたら明確に「○○秒」答えられる、そんな感じです。

 

突きを打った」「蹴りを入れた」など

 

ワザをいつ掛けたのかすぐに見てとれる

 

また掛けられた側、打たれた側も何をされたのか

 

理解できるようなものです。

 

暗勁の段階です(・w・)

 

この段階の功夫を例えるなら

 

一秒ずつ時を刻まずに

 

流れるように動く

 

秒針の時計です。

 

1分の内の今が何秒か明確に答えづらく

 

聞かれたとしたら「だいたい○○秒くらい」と

 

に答えることは出来ますが、

 

それが的確かどうかわかりにくいものです。

 

暗勁で表現される功夫

 

」の字のごとく何をやっているのか

 

外から見てもわかりにくいものです。

 

暗勁の段階の功夫明勁から比べると

 

動作と意識の途切れが少なくなめらかで流れがあります。

 

このようになりますので

 

明勁同じ動作と技術であっても

 

外からみても迫力が無くなり、動作の途切れが無いので

 

いつ「蓄勁」し、

 

いつ「発勁」し、

 

ったのか分からなくなります。

 

ここまでの説明で理解いただけると思いますが

 

暗勁の段階の表現では迫力メリハリが無いため

 

表演武術では採点ができませんし、

 

ましてや映画アニメなどでは使いようがなくなります。

 

暗勁段階以上になりますと

 

youtubeなどの映像だけでは

 

その方の功夫をはかるのは難しいですm(>_<)m

(よほどの達人であれば別ですが・・・・)

 

 

次は化勁です。

 

この段階の功夫を時計で例えるなら

 

秒針の無い時計となります。

 

外から見ると今何秒か分からないのですが、

 

時計の針は1分たてばその分しっかりと進んでいます。


化勁の段階の人の功夫(カンフー)

 

外から見て何をやったか、何をやられたか分かりません

 

いつの間にか1分がたってしまっている様なものです。

 

 

明勁暗勁化勁功夫(カンフー)

 

外から見るとまるで違うことをしているようですが

 

一秒ずつ時を刻む時計であっても(例え明勁)

 

流れるように動く秒針の時計であっても(例え暗勁

 

秒針が無い時計でも(例え化勁)

 

1分は同じであるように

 

明勁暗勁化勁

 

その内に含まれる理は同じです。

 

 

 

と言うことで少し宣伝・・・・

 

当会で学習していく伝統武術は上記のように

 

具体的にいろいろな事象に

 

例えることができるものがほとんどです(* v v) ​

(即ち「一芸は百芸に通ず」)

 

故に武学なのです。

 

そしてそれを学ぶシステム

 

武学MAS(ブガクマーシャルアーツシステム)

 

なのですo(^-^)o

 


武学MAS神戸を中心に八極拳・劈掛掌・八卦掌・太極拳・武器などの中国武術を指導しております。

初心者体力に自信のない方基本から安心して学習できるプライベートレッスン(個人指導)と

セミナーの依頼を随時受け付けております。

詳しくは武学MASのホームページの総合案内をご覧ください。

レッスンの時間や場所、神戸市外への出張相談などもお気軽にお問合せください(^-^)

問合せ:(こちらをクリック)⇒メールお問合せフォーム

 

明勁と暗勁と化勁の関係とは?解説します。

  • 2019.07.31 Wednesday
  • 12:29

 

現代武術(スポーツとしてのウーシュー)ではあまり使うことが無いと思いますが

 

伝統の功夫(カンフー)では明勁暗勁化勁と言うキーワードを

 

使うことがあります。

 

この明勁暗勁化勁の捉え方ですが

 

各門、各流、各会、各人、伝承によって違い

 

あるようで書籍・ネットではいろいろな解釈が発表されているようです。

 

今回は武学MASにおいての解釈と捉え方の説明となります

 

明勁暗勁化勁当会においては

 

功夫の位(くらい)段階その至っている境地をさします

 

また、その境地に至るための訓練法を表す場合にも

 

明勁暗勁化勁の言葉を使います。

 

その場合は明勁練法暗勁練法などと言います。

 

明勁暗勁比較として距離のことを言う場合があるようですが

 

当会では距離を言う場合長勁・短勁などの

 

より直接的な言い回しの術語を使います。

 

明勁暗勁化勁段階をさしますので

 

当然、目指すところがあるわけですが

 

その目指すべき境地

 

化勁を表現できる段階」となります。

 

  1. 明勁の段階にはじまり
  2. 暗勁の段階を経て
  3. 化勁の境地に至る

 

このシステムを説明しているのが

 

当会では明勁暗勁化勁という術語になります(*^∀゚)ъ

 

 

ちなみに化勁の段階や境地はどの門派においても言葉は違えどあるものです。

 

当会だけが持つ特別なものではありませんよ(`・ω・´)b

 

目指すべき頂上はどのような門派でも似通ってくるもので

 

その頂上に至るための方法論手段

 

それぞれの個性としてあるだけではないでしょうか?

 

今回は明勁暗勁化勁の関係性について

 

かなり嚙み砕いて解説しているつもりですが

 

何分、言葉知らずの稚拙な文章でありますので

 

これじゃわからん!!」って方は

 

ご容赦くださいm(_ _)m

 

伝統武術は文章と頭だけで理解するものではなく

 

口伝身授が本筋ですので

 

実際のレッスン学習を通して体感いただけると

 

案外、「腑に落ちる」と思いますよ(*`・∀・´*)゚

 

興味ございましたらお気軽にお問合せいただき

 

レッスンを受講してみたください

 

人生の愉しみの新たな発見となることと思います(^-^)

 


武学MAS神戸を中心に八極拳・劈掛掌・八卦掌・太極拳・武器などの中国武術を指導しております。

初心者体力に自信のない方基本から安心して学習できるプライベートレッスン(個人指導)と

セミナーの依頼を随時受け付けております。

詳しくは武学MASのホームページの総合案内をご覧ください。

レッスンの時間や場所、神戸市外への出張相談などもお気軽にお問合せください(^-^)

問合せ:(こちらをクリック)⇒メールお問合せフォーム

 

「長勁・短勁」ってなに?

  • 2019.02.23 Saturday
  • 11:39

 

武学MASでは

 

以前の記事「「勁(けい)」ってなに?」で説明した

 

を長く使って運用することを「長勁(ちょうけい)」と呼び

 

を短く使って運用することを「短勁(たんけい)」と呼んでいます。

 

おわり・・・・d( ̄◇ ̄)b

 

 

 

 

簡単に言うと上の説明ですむのですが、

 

それでは面白くないので少し蘊蓄ってみます( ^ω^)

(蘊蓄も面白くないですが・・・)

 

一般的に打撃部位が相手から遠く離れた距離で打つことを「長勁

 

打撃部位が相手から近い距離で打つことを「短勁」とされているようですが

 

武学MASでは、相手との距離だけをいうのではなく

 

定義として「同一技法のなかで」ということを付け加え

 

その技法ので、長く運用するか、短く運用するかと考えます。

 

相手との距離が遠いので劈掛拳劈掌で大きく打つ!これが長勁

(ボクシングで言えばロングパンチetc.)

 

相手との距離が近いので八極拳貼山靠もしくは頂心肘で決める!これが短勁

(ムエタイでいえばエルボーetc.)

 

などのように「違う技法」で距離をくらべて

 

これは長勁、こっちは短勁とは武学MASではいいません(。•́︿•̀。)

 

あくまでも同一技法をとらえます。

 

武学MASで指導する長勁短勁の運用には制敵応敵における

 

戦略〜戦術への考え方時間のことも含まれているからです。

 

頂心肘は相手に近い間合いでの肘打ちですが

 

短勁だけではなく長勁運用する場合もあります。

 

 

冲捶(ちゅうすい)と言う中段を突く技法で分かり易く考えてみましょう( ^∀^)

 

冲捶は腰に引いた拳を突き出して半身になって突く動作です。

 

この冲捶で腰に引いた個所から拳を突き出して動作を完成させた場合は

 

動作を目いっぱい使ってますので長勁といいます

 

動作の途中半分ぐらいから急激に打ち出し動作を完成させた場合は短勁といいます。

 

武学MASでは目安として腕一本分ぐらいの距離を使って打ち出した場合を長勁

 

手から肘ぐらいまでの距離(一肘)以内を使って打ちだした場合を短勁と呼んでいます。

 

このようにの勁を理解すると

 

長は短を含む

 

と言う口伝が浮かび上がってきます。

 

武学MASではこの口伝理解し表現するために

 

必ずどの技法においても

 

長勁の学習と訓練から始めます

 

長は短を含む」のですから

 

まず、長勁を練習し、同じ動作の内から

 

短く打てるように短勁にしていくのです。

 

どの動作技法にも

 

長短を含ませる」ことで

 

上で述べた、制敵応敵における

 

戦略〜戦術への考え方時間

 

少しでも相手より有利に使い、

 

事をすすめることができるようになります( ・`ー・´)

(絶対ではありませんが・・T△T・・)

 

どのような思考動き制敵応敵時に戦略〜戦術を繰り広げるのか?

 

こう言ったことは文章だけでは伝えにくいものです。

 

そのあたりはレッスンで身を持って

(口伝身授といいます)

 

詳しく説明してまいりますので

 

このような伝統思想技術理論を持つ武学MAS武術

 

興味のある方は是非レッスンを受講してみてください( ̄ー+ ̄)

 

ちなみにクンフー的に言いますと戦略は招法であり戦術は手法と言った感じになります^^;

 


武学MAS神戸を中心に八極拳・劈掛掌・八卦掌・太極拳・武器などの中国武術を指導しております。

初心者体力に自信のない方基本から安心して学習できるプライベートレッスン(個人指導)と

セミナーの依頼を随時受け付けております。

詳しくは武学MASのホームページの総合案内をご覧ください。

レッスンの時間や場所、神戸市外への出張相談などもお気軽にお問合せください(^-^)

問合せ:(こちらをクリック)⇒メールお問合せフォーム

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村 中国武術

 

 

 

快練と慢練(かいれんとまんれん)

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 13:15

 

一般的に中国武術では

 

快練(かいれん)は動作をはやく練習することを指します。

 

慢練(まんれん)は動作をゆっくり練習することをさします。

 

武学MASの練習システムでは

 

慢練から練習します。

 

武術は技術でありますので

 

最初から動作をはやく練習してしまうと

 

どうしても動作意識になってしまいます。

 

動作や意識が雑になってしまえば使われる技術も当然、雑になります。

 

ですので、武学MASでは

 

先ず慢練を第一とします

 

では快練をおろそかにしているかと言えば

 

そうではありません!

 

快練を積まなければ

 

実用の場においては役に立たなくなってしまいます

 

要はバランスが大切になります。

 

練習と学習者の段階によって

 

の配合はその都度、変化します。

 

慢練を何分したや快練を何回やったなど、数字で固定されたような練習方法は

 

その都度、変化する学習者に対応できなくなります。

 

ですので武学MASでは回数時間による練習法をあまり強く言うことがありません( T_T)\(^-^ )

 

慢練を中心にする」とか、「快練を中心にする」とか

 

慢練を何割ぐらい」とか、「快練を何割ぐらい」など、

 

その時に必要であろう練習方法を提示していきます_(○σ<)/

 

もし回数と時間の事を言うとすれば

 

継続」することです

 

一日に一回一分でも一秒でも瞬間でも良いので

 

武術に向き合うときを作っていただくことぐらい…かな?

 

クンフー」は時間の積み重ねでしか

 

養えないものですから(【∩∩】)

 

考えてみるとこんなことは

 

どの世界においても同じことかも知れませんね。

 

武術で使う単式(たんしき)ってなに?

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 12:38

 

武学MASでは、井澤老師より学んだ伝統武術システム化してレッスンしています。

 

そのなかには八極劈掛八卦太極武器などの各システムが含まれます。

 

今回は「単式(たんしき)」について少し

 

説明します(*^-^*)

 

以前、説明した「套路(とうろ)」が各システムの表現法を訓練・学習するものであれば

 

単式(たんしき)」は套路を作る一つ一つの動作を

 

切り取ったものと言えます。

 

武学MASでは、一つの動作からなるものを

 

単式(たんしき)」と言います。

 

例えば

 

一歩進んで馬歩になりながら突く

 

馬歩冲捶(まほちゅうすい)」、

 

この動作だけを訓練・練習するようなことを

 

単式訓練・練習と言います。

 

カンフー(中国拳法・武術)訓練・練習

 

套路」はある意味、

 

花形的な訓練・練習です

 

多くの方は

 

套路」の訓練・練習

 

中国武術と思っているのではないでしょうか?

 

単式訓練・練習は派手ではなく単純で飽きやすいものです(*-゛-) 

 

けれど

 

この「単式」をいろいろとつなげて

 

いろいろな表現をしていったものが

 

套路」となるわけです。

 

単式」は「単純・簡単な方式・形式。」ではありますが

 

カンフー(中国拳法・武術)

 

土台となる要因です。

 

ですので「単式」の訓練・練習

 

カンフー(中国拳法・武術)にとっても

 

重要なものとなります(^□^)ノ

 

 


 

武学MAS神戸を中心に八極拳・劈掛掌・八卦掌・太極拳・武器などの中国武術を指導しております。

初心者体力に自信のない方基本から安心して学習できるプライベートレッスン(個人指導)と

セミナーの依頼を随時受け付けております。

詳しくは武学MASのホームページの総合案内をご覧ください。

レッスンの時間や場所、神戸市外への出張相談などもお気軽にお問合せください(^-^)

問合せ:(こちらをクリック)⇒メールお問合せフォーム

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村 中国武術

套路(とうろ)ってなに?

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 15:00

 

タイトル通り今回は、

 

套路(とうろ)」について説明したいと思いますd(´∀`)

 

套路」と言うのは、武術で使う複数の

 

技法動作を連続的に組み合わせて連環させた型のことです。

 

少数の派をのぞいて中国武術練習法の中心となるものです。

 

門派当会ではシステムと捉えています)には

 

門派システム)ごとの理論技術があり、特徴独自性があります。

 

そのため「套路」では

 

八極システムには八極拳

劈掛システムには劈掛拳

八卦システムには八卦拳

太極システムには太極拳

 

システムごとの「風格」が理論技術と共に表現されます。

 

 

套路」を練習するということは

 

システム

当会では八極、劈掛、八卦、太極、各種武器術)

 

理論技術とその特徴独自性体現法を訓練していることになります。

 

中国武術で何故、「套路」が重要視されるかと言えば

 

上記のような役割が「套路」にはあるからですd(´∀`)

 


武学MAS神戸を中心に八極拳・劈掛掌・八卦掌・太極拳・武器などの中国武術を指導しております。

初心者体力に自信のない方基本から安心して学習できるプライベートレッスン(個人指導)と

セミナーの依頼を随時受け付けております。

詳しくは武学MASのホームページの総合案内をご覧ください。

レッスンの時間や場所、神戸市外への出張相談などもお気軽にお問合せください(^-^)

問合せ:(こちらをクリック)⇒メールお問合せフォーム

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村 中国武術

 

 

 

 

 

 

 

 

勁(けい)ってなに?

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 14:19

 

中国武術を練習していると

 

(けい)」と言ったキーワード

 

ぶつかる時があると思います。

 

」の字源を紐解いてみますと

 

「ぴんと張りつめて、つよい。力がつよい。(参考URL:goo辞書)」

 

と言った意味があるようです。

 

しかし、中国武術において

 

この「」と言う語は字源の意味そのままで使わず

 

武術の技術によって発揮される洗練されたちから」と言った意味合いで

 

使われます。

 

ようするに中国武術の術語なんですね(^-^;)

 

技術力と言った意味もありますので

 

当然っ

 

学習・訓練・練習無しに、この「」をうことはできません!(ノ_<。)

 

そして時間を掛けて丹念にりあげられた」のことを

 

私たちはよく

 

勁力(けいりょく)がある」とか「勁力がつよい

「功夫がある」と似た言い方かもしれませんね´v`

 

などといった言い方をします。

 

」は一つの質の技法や動作ではなく、あらゆる場面で発揮・発現されますので

 

たくさんの種類の「」があります。

 

中国武術では「」の語の前にその特徴を言い表す単語を付けて「〇〇勁」と言ったりしてます。

 

たとえば、

 

沈墜(ちんつい)」…身を沈める時に発揮される

 

十字(じゅうじ)」…上下左右など十字に展開される

 

(ねん)」…鳥もちのように粘りつく時に発現される

 

と言った具合になります。

 

中国武術を外から見ていると

 

中国武術で使う独特な術語

 

????・・・・(((( ;゚д゚)))」っとなってしまいますが、

 

実際にやっていただければ

 

それらは氷解していくことと思いますm(_ _)m

 


武学MAS神戸を中心に八極拳・劈掛掌・八卦掌・太極拳・武器などの中国武術を指導しております。

初心者体力に自信のない方基本から安心して学習できるプライベートレッスン(個人指導)と

セミナーの依頼を随時受け付けております。

詳しくは武学MASのホームページの総合案内をご覧ください。

レッスンの時間や場所、神戸市外への出張相談などもお気軽にお問合せください(^-^)

問合せ:(こちらをクリック)⇒メールお問合せフォーム

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村 中国武術